日本語学校における福祉学習

4月8日(水)イグアスの機能回復センターにて、なのはなの福祉ボランティアと共に日本語学校6年生を対象とした福祉学習を行いました。

内容は、高齢者擬似体験です。目的は「体験」することだけにあるのではなく、身をもって体験し、よりよい高齢者との接し方、コミュニケーションの取り方を考え学ぶというところにありました。また、「福祉」を考える1つのきっかけであってほしいとも思っています。そのきっかけとして身近なところから福祉教育につなげたいと考え、高齢者疑似体験を取り入れました。

児童たちは「歩きにくい」「足が重い」「早く歩けない」「○○の色が見えにくい」等々自分の感じた不自由さを口に出しながら楽しんで体験していたように感じます。そのあとに、どのような対応や接し方が必要かをグループに分かれて考え、発表してもらいました。

余談ですが、ある児童が言いました。機能回復センター内のトイレについて、「広くて手すりがある」と気付いてくれました。なぜこのようなつくりなのかを説明すると児童たちは頷き理解を示してくれました。

児童にとって、いつもとは違う場所、違った内容の授業、違った顔ぶれがある中、「福祉」というまた難しい、だけど楽しんで学習してくれた子どもたちが、この体験を通して少しでも何かを感じ、考え、学んでくれたことがあったと感じます。学んだことを頭の隅っこにでも置いておいてくれたらと思いますし、いつかどこかで思い出し、学んだことを実行してくれたらいいな、と望みをもっています。

今回のこの学習で終らずに「後期では高齢者と交流する機会をつくりたい」となのはなのボランティア、学校側と意見が一致しました。その時はすでに私は日本に帰国していますが、ぜひ実行していただき、今後の福祉学習にもつなげていってほしいと思います。私にとっても勉強になり、とても有意義な時間でした。

(文:JICAパラグアイ日系社会青年ボランティア イグアス日本人会配属  ソーシャルワーカー 佐藤浩美)

Joomla Templates and Joomla Extensions by JoomlaVision.Com

高齢者福祉事業

3月23日(月)イグアスで東部地区(イグアス・エステ)のブロック別研修が行われました。

今回の研修は、実技や講義といったものがメインではなく、自身が体験し、高齢者になると体や精神的な面にどのような変化があるのかを体験し、それに対してどのような援助や接し方が必要なのかを考え、高齢者とのよりよい関わり方を学ぶ研修でした。

福祉ボランティアの方々からは、自身の老化体験話や家族が老化していく話、高齢者を家族にもつ人の自宅での対応の仕方などを聞くことができて、話を聞いている人にとってもとても興味深かったと思います。

私にとっては、日本語学校児童に対する福祉学習も間もなく控えており、同時進行していたので、研修を受ける立場のひとりとして臨みました。

(文:JICAパラグアイ日系社会青年ボランティア イグアス日本人会配属  ソーシャルワーカー佐藤浩美)

Joomla Templates and Joomla Extensions by JoomlaVision.Com

続きを読む...

高齢者福祉事業

Joomla Templates and Joomla Extensions by JoomlaVision.Com

連合会

第1回福祉ブロック別研修会 テーマ:清潔のお世話 *講義資料はダウンロードできます

講師:浅海奈津美JICAシニアボランティア、水野亜紀JICA青年ボランティア、佐藤浩美JICA青年ボランティア

講義資料①PP 清潔のお世話

講義資料② 関節の体操とレクリエーション

第2回ブロック別研修会 テーマ:腰痛にならない介護技術 *講義資料はダウンロードできます

講師:浅海奈津美JICAシニアボランティア、佐藤浩美JICA青年ボランティア、渡曾あいJICA青年ボランティア

講義資料①PP 腰痛にならない介護技術

講義資料② 腰痛体操とレクリエーション

 

 

Joomla Templates and Joomla Extensions by JoomlaVision.Com

続きを読む...

高齢者福祉事業

高齢者福祉事業推進委員会所有の福祉関連書籍やDVDを、パラグアイ日本人会連合会加盟団体とその会員、または同団体の福祉活動にかかわっている方へ貸出しいたします。

貸出要項貸出用の本・DVD一覧がダウンロードできます。

 

貸出要項と蔵書一覧がダウンロードできます。貸出要項と蔵書一覧がダウンロードできます。
Joomla Templates and Joomla Extensions by JoomlaVision.Com

高齢者福祉事業

『日系社会福祉・医療に係る意識調査(2012)』

『日系社会福祉実態調査(2013)』

表紙をクリックするとダウンロードできます。

Joomla Templates and Joomla Extensions by JoomlaVision.Com

高齢者福祉事業

デイサービス「なのはな」 イグアスのお風呂

2014年11年25日(火) デイサービスを行っている場所内にある、これまで眠っていた浴室を使って、デイサービス利用者に入浴を提供しました。

なのはなのボランティアとしても、「せっかくあるお風呂を使わないのはもったない、利用者にお風呂を提供したい」という気持ちが長年あったため、今回初めて試みることとなりました。当日を迎えるまでに事前に打ち合わせをし、役割や流れを決め、入浴者に対して気をつけることなどを説明。また長期間使われていなかった釜を試し炊きするなど、直前に行ったとはいえ、当日に備え試運転してたことで容量が把握できました。

日系社会といえどもここはパラグアイ。裸で他人と入浴するのには抵抗があるのかと思いきや、入浴を希望された9人全員が数名と一緒に入浴しました。機能回復センターでの初めてのお風呂ということもあってか、思い出として入浴者自ら「写真撮って!」と希望されたのには驚きです。利用者からは「またやって!」と喜んでいただけて、私たちボランティア、提供する側としては、冥利に尽きます。このような機会をまた企画したいと思います。

(文:JICAパラグアイ日系社会青年ボランティア 佐藤浩美)

Joomla Templates and Joomla Extensions by JoomlaVision.Com

続きを読む...

高齢者福祉事業

さらに記事を読む...

5 / 17 ページ

5