2019年度 第31回スピーチコンテスト

2019年7月20日(土)アスンシオン人造りセンター(CPJ)にて第31回スピーチコンテストが開催された。発表者数は合計49名。

2019年度より、例年の開催時期より訳1ヶ月早い日程での開催となったが、運営を支えてくれた日本語学校教師、アスンシオン婦人部、青年部などの協力者、ならびに協賛いただいた諸団体のお陰で、大会当日は大きな問題もなく進行し、無事終了を迎えた。

以下に2019年度の入賞者、日本語生徒研修候補者、各部門発表者数を紹介します。
入賞された皆様、おめでとうございます!

順位題   名学 校 名氏  名
小学校低学年 暗誦の部
1位とらとおじいさんアスンシオン校吉崎 愛
2位ネズミのすもうイグアス校工藤 朱莉
3位猫がネズミを追いかけるわけエステ校後藤 力矢
努力賞ねずみのすもうピラポ校篠藤 大斗
努力賞きつつきの商売エンカルナシオン校高橋 直人
JICA所長賞明日天気になあれアマンバイ校西本 宏和
小学校高学年の部
1位不思議な花のみりょくピラポ校森 陽菜
2位やりとげた先にある喜びラパス校山神 幸
3位色々な物に感謝ラパス校河野 錫
努力賞大すきな ななえ先生アマンバイ校三浦 愛香
努力賞命へのつながりピラポ校石川 優菜
JICA所長賞弟のしょうくんエンカルナシオン校西大條 愛美
中学校の部
1位イグアス校内山 奈津
2位令和元年最高の運動会ピラポ校峯本 双葉
3位日本語学校ですごした日々ピラポ校堀内 きく
努力賞礼儀知らずは恥知らずアマンバイ校大石 晃妃
努力賞よりよい関係を目指してラパス校北川 健吾
JICA所長賞何人?アスンシオン校谷脇 結喜
非日系の部
1位鏡に映る自分アマンバイ校カンディア ミカエラ
2位見方を変えようイグアス校メルガレホ ディラン
3位私にとっての日本語日本パラグアイ学院アセベド アレリ
努力賞赤ちゃんが大すきだからアマンバイ校ソウザ ジャミレ
努力賞夢に向かって一歩ずつエステ校ミオラン ニシエ
JICA所長賞いきることNihon Gakkoドミンゲス ナジェリ
JICA日本語生徒研修候補者
スピーチピラポ校峯本 双葉
作文イグアス校大森 遙
リーダー枠ラ・コルメナ校三井 静昭
参加者数  
小学校低学年の部14
中学校の部11
小学校高学年の部13
非日系の部11
合計49
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらもおすすめです