パラグアイ日系社会支援事業(エンカルナシオン日本人会)

事業名: トレーニングジム新設及びプール新設

申請理由

当日本人会は小型スクールバス購入を申請した経緯がある。高齢者支援のため実施しているディサービスや誕生会への送迎、青少年の各種スポーツや文化交流の移動手段として考えたものであるも、一括購入はできないうえに、バスの維持管理を考えると、会員の負担過重が予測され慎重に検討のうえ、会員のニーズの高いトレーニングジム新設及びプール新設を申請するに至った。

【トレーニングジム新設】日本人会の運動場や日語学校校舎が一望できる敷地内に建設し、生徒を送迎する父兄や祖父母達が待ち時間を使ってトレーニングできる快適な環境を提供する。また、生徒たちの登下校をコントロールすることができる。会員の身体活動の習慣を奨励し、健康維持につなげたり、あけぼの会のメンバーが楽しく、汗を流してくれることを願っている。会員の中には、理学療法士が数名いるので、ゆくゆくは必要装置を備えて、理学療法も実現したい。

【プール新設】水泳は、最も完全なスポーツの一つであり、老若男女全ての人たちに適しているだけでなく、とても健康的です。当日本人会員などの子供たちがプールを自由に使用することができ、泳ぎを学ぶことに加え、水泳を通して身体的、精神的、社会的にも成長することが期待できます。アクアビクス教室を実施するのでご高齢者の方々にも有益です。この運動により、心臓機能の改善と肺活量の増進、体感を鍛え転倒予防や関節痛、関節炎の症状を緩和し、血の循環を良くします。要するに、水泳は年齢差なく、誰でも楽しめて、健康維持のため使用してくれることを期待するものです。

期待できる成果

  • トレーニングジムは日本人会会館正面入り口の横に設けてあり、誰でも気楽に利用できるようになっている。ジムを楽しむ姿が見られ、健康維持管理の効果が期待できる。
  • プールは屋内体育館に接する裏側の広場(青空)に設置しており、外部から見られないため、安心、安全に泳ぎを学び、楽しむことができる。
  • 日会会員は無料、非会員は月30,000Gsとしているが、日語学校生徒の登下校送迎や小学生・少年野球、バレーボール等の練習送迎する父母も利用しており、日本人会事務局との交流にもなっている。

日本人会会館には、カラオケ装置、娯楽室、厨房も整備されているので、パークゴルフ、ゲートボール等を楽しむ方々を含めて、老人クラブあけぼの会会員にも利用していただくよう勧めたいと思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらもおすすめです